くすりエクスプレスの個人輸入の通販 医薬品のご注文

くすりエクスプレスの個人輸入の通販

ネットから医薬品を注文できるくすりエクスプレスのご利用には会員登録が必要です。登録後はくすりエクスプレスで個人輸入の通販を行うことができます。個人輸入は医薬品を海外から取り寄せる制度のことで日本の法律でも認められています。

 

くすりエクスプレス個人輸入の通販では、医薬品の価格は海外での流通価格のまま購入することができるので、国内で購入するのと比べても価格が安いことが多いので、金銭面で大きなメリットがあるともいえます。

 

くすりエクスプレスで取り扱われている医薬品は、すべて正規品となります。公式ホームページでも「正規品100%」と記載しており、出所が不確かな医薬品や、安全が確認されていない成分が含まれる医薬品は取り扱っていません。

 

品質と価格ともにユーザー様からは特に喜ばれています。それだけではなく、くすりエクスプレスは日本でまだ出回っていない医薬品でも購入することができます。個人輸入では日本ではまだ認可されていない成分でも、海外で認可されている医薬品であれば取引を行うことが認められているからです。コロナウィルスの治療薬のこともあり、いま海外の最先端の医薬品に関心が高まっています。

 

最新の医薬品も海外で認可されれば日本への個人輸入が可能だということです。最新の医薬品のなかでもジェネリック医薬品はくすりエクスプレスでも特に注文が集まっています。ジェネリック医薬品は、特許が切れた医薬品の主成分をつかって製造された医薬品です。ッすでに成分の効果と安全が確認されているために開発費などを安く済ませることができることから市場に出回る価格が安くなります。

 

ジェネリック医薬品は海外では利用する人はとても多いですが、日本国内では流通しきれていないのが現状です。国内でもジェネリック医薬品を製造するメーカーも少ないこともあり流通が遅れているのが現状です。

 

日本の皆医療保険制度はこのままのシステムでは維持することができないという意見がちらほら聞かれます。財源は無限ではなく有限ですので当然のことですが、日本の財政支出のバランスは海外から見ても異常だといわれています。日本の財政からの医療費負担は増加の一途をたどっており、少子高齢化の今の現状ではでは税収だけでは医療費の負担を賄えなくなるからです。

 

その解決策として個人輸入が有効ではないかと議論されています。個人輸入で購入する場合には国の財源を消費することなく個人の方が購入することになります。また、注文者も病院に行くよりも安い価格で医薬品を手に入れることができます。ただし、この制度の欠点としては医薬品のことに詳しくなくても購入することができてしまうことです。くすりエクスプレスでも初めて個人輸入される医薬品を注文される前には、医師の診察を受けることを推奨しています。

 

 

くすりエクスプレスご利用案内

決済方法 クレジットカード(Master・JCB) / Line Payカード/ 銀行振込
配送方法 国際eパケットライト(郵便局・時間指定不可)
受け取り方法 ポスト投函(入らない場合は手渡し)/ 郵便局留
お届けまでの日数 決済完了後、約7〜10日で到着(非常事態時にはこの限りではありません)
キャンセル 決済前であれば可能
返品・交換 中身の相違・不良品に限り対応。無償で新品と交換
ポイント還元率項目名 1〜10% (1ポイント1円として利用可/ 決済額に応じて還元率アップ)
出荷国 シンガポール / 台湾
カスタマーサポート support@kusuriexpress.com
LINE@ ID kusuriexpress

個人輸入をご利用になられたことがない方には、購入を検討している個人輸入注文代行サイトの評判が気になるものです。個人輸入とはどんな制度なのか?利用されているか短感想はどうなっているのか?問疑問についても解決することができます。くすりエクスプレスではたくさんの医薬品やサプリメントを取り扱っています。医薬...

海外の医薬品を注文することができるくすりエクスプレスは、商品は海外から発送されるために輸送距離が長いですが、すべての商品は送料無料です。現状では、医薬品の個人輸入を利用する人が、日本ではまだまだ多いとはいえません。利用者数を伸ばすために、くすりエクスプレスが独自に行っている送料無料サービスであるとい...